筋トレの知識

筋トレと有酸素運動をする順番は重要!効果を解説

体を鍛える上で、筋トレと有酸素運動は重要です。

では、筋トレと有酸素運動のどちらを先にやるべきでしょうか。

答えは、「目的別に順番が異なる」です。

今回の記事では、

筋トレと有酸素運動をする順番でどのように効果が違うのか

について、解説しています。

自分の目的に合った方法でトレーニングを行っていきましょう。

脂肪燃焼効果を狙う場合

それぞれのパターンに合わせて具体的に解説していきます。

筋肉を付けながら脂肪を減らしたい

Pexels / Pixabay


このような方には、筋トレ→有酸素運動の順でトレーニングすることをおすすめします

最初に筋トレをしておく事で、アドレナリン、成長ホルモンなどが分泌されます。

これらは、基礎代謝の向上や脂肪を分解する働きがあり、脂肪を燃焼させることができます

ですので、筋トレ後は痩せやすい状態になっています。

また、筋トレで筋肉を付けておくと、基礎代謝が向上し、自然に痩せやすい体質へと変化していきます

スリムになるために、脂肪を減らしたい

Tumisu / Pixabay


このような方にも、筋トレ→有酸素運動の順でトレーニングすることをおすすめします
 
痩せたいだけという方でも筋トレやるべきです。
 
有酸素運動だけでは、基礎代謝が落ち、痩せにくくなってしまいます

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は、体を一定時間動かすことでカロリーが消費されますが、それと同時に筋肉までもが減少していきます。

有酸素運動だけだと運動エネルギーを賄うために筋肉がエネルギーに分解されるからです

筋肉量が減る=基礎代謝の低下となりますので、注意が必要です。

脂肪燃焼メインで狙うのであれば、筋トレよりも有酸素運動の時間を長めに取る事も良いでしょう。

脂肪燃焼を狙う場合のポイントは、基礎代謝の向上です

基礎代謝を上げるためには、ある程度の筋肉量が必要です。

効率良く痩せたいのであれば筋トレ→有酸素運動の順でトレーニングを行いましょう

筋肥大だけを狙う場合

skeeze / Pixabay


筋肥大だけを狙うのであれば、筋トレだけで良いといえます

なぜなら有酸素運動は、筋肉のタンパク質を分解する作用があるためです
 
筋トレで集中的に筋肥大を狙うために、筋肉の分解を避け、高強度のトレーニングを行いましょう。

心肺機能の向上を狙う場合

www_slon_pics / Pixabay


心肺機能の向上を狙うのであれば、有酸素運動→筋トレの順でトレーニングしましょう

筋トレで心肺機能をある程度疲労させ、有酸素運動で負荷をさらに上げていくと良いです。

しかし、先に行う筋トレの強度を高くしすぎると、十分な有酸素運動を行えなくなるので、やりすぎには注意しましょう。

まとめ

筋トレと有酸素運動の順で効果が違います

今まで自分の思うような効果が出なかった場合は、一度トレーニングをみなおしてみてはいかかでしょうか。

-筋トレの知識

Copyright© Work Out log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.