上腕三頭筋 大胸筋 筋トレ

ディップスで大胸筋下部と上腕三頭筋に効かない共通の理由は?コツを紹介!


 

ディップスで大胸筋下部や上腕三頭筋に効かない
 
フォームをどう直せばいいのか分からない
 
効かせるコツがあれば知りたい

 
 
このような悩みを解決します。
 
 
ディップスは、大胸筋下部と上腕三頭筋を鍛えることができます。
 
 
ですが、正しいフォームでしなければ、肩を痛めてしまい、筋肉に効かなくなるので注意しましょう。
 
 
本記事の内容

  大胸筋下部と上腕三頭筋に効かない共通の理由
  正しく効かせるためのコツ
  注意する点

 

ディップスで大胸筋下部や三頭筋に効かない理由は2つだけ

calibra / Pixabay


 
 
ディップスで狙った筋肉に効かない理由は2つだけです。
 
 

①前傾姿勢を保てていない
②手幅がおかしい

 
 

慣れないうちは、フォームが乱れがちです。
 
この2つを改善するだけで、狙った筋肉へ負荷をかけることができますよ。

 

①前傾姿勢をキープできてない

 
 
ディップスは自分の体重を利用して行う、自重トレーニングです。
 
 
かかる負荷がとても高いので、自分の体重をコントロールする筋力が必要です。
 
 
ですが、初心者のうちは筋力が十分についていないため、前傾姿勢のキープが難しく、筋肉に効かせることが出来ていません。
 
 
改善ポイント
      ・足を床やフラットベンチにつけて負荷軽減する
      ・負荷を自分でコントロールする
 

②手幅がおかしい

 
 
大胸筋下部と上腕三頭筋を鍛えるとき、それぞれ最適な手幅があります。
 
 

大胸筋下部 ➡ 手幅は少し広め
上腕三頭筋 ➡ 手幅は狭め

 
 
手幅を変えるだけで、負荷がかかる筋肉が変わります。
 
 
しっかり負荷を感じて、筋肉に効いているか確認しましょう。
 
 

2つのポイントが修正できたら、次にコツをつかんでいきましょう!

 

ディップスのやり方

 
 
ディップスの基本的なやり方を紹介します。


 
ディップスの手順

①ディップスタンドやバーを握る
②体を浮かせ前傾姿勢をキープ
③ヒジを曲げながら状態を下げる
④元の位置に戻す
⑤1セット10回 × 3セット目安
⑥インターバル60~90秒

 
ポイント
      ・前傾姿勢をキープ
      ・狙う部位によって手幅を変える
      ・負荷をコントロールして10回目安で行う
 

ディップスで効かせる3つのコツ

 
 
ディップスは慣れることが難しく時間がかかるので、3つのコツを意識しましょう。
 
 

①足を後ろで組むと前傾姿勢をキープしやすい
②腕は垂直のままヒジを曲げる
③負荷をコントロールして回数をこなす

 
 

コツはフォームをキープし、数をこなすことです。
自重で負荷が高いので、自分でうまくコントロールしましょう。

 

ディップスで注意すべき2つのポイント

 
 
ディップスで狙った筋肉に効かせ、ケガを予防するために、注意するポイントを意識しましょう。
 
 

①状態を立てたまま行うと肩を痛める
②5回以上できないときは負荷を軽減する

 
 

フォームを間違えると、他の筋肉を傷めてしまう原因になるので、自分のコントロールできる負荷で行いましょう。

 

自宅で出来るディップスおすすめグッズ

 
 
ディップスバーが自宅にあれば、トレーニングができます。
 
 

ディップスバーのメリット
・値段が安い
・安全を確保できる
・簡単にできる
・場所をとらない
・自重で筋トレ効果が高い

 


 
関連記事
 
大胸筋下部を鍛えるメニュー


腕を太くするメニュー
自宅でお金をかけず腕を太くする簡単な自重トレーニングを紹介!

 

-上腕三頭筋, 大胸筋, 筋トレ

Copyright© Work Out log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.