筋トレの知識

コーヒーが筋トレにもたらすメリットとは?

「コーヒーが筋トレに効果があるってホント!?」

このような疑問に答えていきます。
今回の記事では、

コーヒーが筋トレにもたらすメリットについて、まとめています。
コーヒーの効果について理解し、より質の高いトレーニングを行えるようになります。

コーヒーの効果について

cocoparisienne / Pixabay

コーヒーに含まれるカフェインが筋トレのパフォーマンスを向上させるといわれています

脂肪燃焼効果、利尿作用、血管の拡張作用などがあり、筋トレにも役立つ効果があります。

なかなか結果が出ない人は一度コーヒーに注目してみてはどうでしょうか。

脂肪燃焼効果

mojzagrebinfo / Pixabay

コーヒーを飲むと脂肪燃焼効果が期待でき、脂肪の分解がされます。
「カフェインには中枢神経の興奮、覚醒を促す作用がある。そうすると、交感神経が興奮してアドレナリンやノルアドレナリンが分泌され、それを受けて内臓の脂肪分解が進む」とされています。

パフォーマンスの向上

5132824 / Pixabay

カフェインの効果として脳の興奮作用と覚醒作用があります。それによって、集中力が高まり、より質の高いトレーニングが可能になります。

また、脂肪組織の分解を促進するため、運動持続時間を伸ばすことができます。

理由は、脂肪が分解され、運動のための直接的なエネルギーとなる糖の状態になるためです。

筋肉の疲労を感じにくくなる

calibra / Pixabay

筋肉疲労を取るには体内代謝を活発にして、血液中への酸素・必要な栄養分を体に素早く供給することが大切です。

コーヒーを飲むことで、筋肉で不要になった物質を体外へ排出します。コーヒーはこのメカニズムを活発にし、筋肉を元気にします。

マラソン選手の中には、競技中に摂るドリンクの中にコーヒーが入っていることもあるそうです。

コーヒーを飲むタイミングは?

fancycrave1 / Pixabay

コーヒーを飲むといっても、トレーニングの時間に合わせることが大事です。

つまり、効果を高めるためには、カフェインが体内に吸収される時間を見越して運動前にコーヒーを飲むことが良いということです。

筋トレとの相乗効果を狙うなら、筋トレを始める1時間前にコーヒーを飲むことをおすすめします
さらに、脂肪を多く燃焼させたいならブラックコーヒーを飲んでみましょう。

おすすめの量は、スターバックスのトールサイズ(350ml)です。十分効果が発揮されます。

ただし、コーヒーを多く摂取してしまうと、不整脈や発作、血圧上昇といった副作用が出る恐れもある。適量を心掛けましょう。

まとめ

このようにコーヒーには筋トレに多くのメリットをもたらします。

コーヒーの摂取は、カフェインの吸収効率を高め、ポリフェノールなどの成分と合わさることによって筋トレのパフォーマンスを高めるといわれています。

筋トレ1時間前にコーヒーを飲むことで、筋力と集中力の増加が期待でき、質の高いトレーニングを行えます。

是非、一度試してみてはどうでしょうか。

-筋トレの知識

Copyright© Work Out log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.