ダイエット

楽して痩せる!バナナ豆乳ダイエットの効果とは レシピもご紹介!

 

・あまりお金をかけずにダイエット出来る方法はないかな
・きつくないダイエット方法を知りたい
・ダイエットのために、激しい運動をしたくない
・時間をかけずにダイエットしていきたい

 
 
今回は、ダイエットをしたい方に向けて、このような悩みを解決するある方法をご紹介します。
 
 
その方法は、バナナ豆乳ダイエットです。
 
 
言葉通り、バナナと豆乳を摂取するダイエット方法です。
 
 
1日で設定した量を飲むだけで、数か月後には体がスッキリと痩せていきます
 
 
では、バナナ豆乳ダイエットはなぜ効果があるのでしょうか。
 
 
初めに、バナナと豆乳のそれぞれについて解説していきます。
 
 

バナナの栄養価と期待効果

Security / Pixabay


 
 
バナナは低カロリーで栄養バランスが抜群の食べ物です。
 
 
実は、1本あたり約86Kcalであり、ご飯やパンと比べ低カロリーです。
 
 
具体的に言うと、バナナ1本分のカロリーは、ご飯1/2杯分、食パン1/2枚分に相当します。
 
 
バナナに含まれる11種類の栄養素をまとめました。
 
 

・たんぱく質(1.1g)
→生シイタケ2個分

・カリウム(360㎎) 
 →リンゴ3個分

・マグネシウム(32㎎) 
 →キウイ3個分

・ビタミンB1 (0.05㎎) 
 →ほうれん草1/3束分

・ビタミンB2(0.04㎎) 
 →にんじん1/2本文

・ビタミンB6 (0.38㎎) 
 →納豆3パック分

・ナイアシン(0.7㎎) 
 →あさり約12粒分

・葉酸(0.7μg) 
 →ピーマン3個分

・食物繊維(1.1g) 
 →レタス1/4個分

・ポリフェノール(1.1g) 
 →板チョコレート1.1枚分

・セロトニン(10㎎) 
 →みかん2個分

 
 
バナナ1本にこれほどの栄養が含まれています。
 
 
バナナを摂り続けることで、このような効果が期待できます。
 
 

・健康な肌や髪を作る
・利尿作用でむくみ解消
・コレステロール抑制効果
・便秘予防
・脂質の燃焼
・骨や歯の形成を助ける
・筋肉の収縮をサポート
・疲労回復
・糖質をエネルギーに変える
・リラックス効果
・安眠効果
・アルコール分解
・頭痛改善
・血行促進

 
 
特にこんな方には、バナナをおすすめします。
 
 

・美容に関心のある方
・ダイエットしたい方
・スポーツをする方
・ストレスを感じやすい方
・お酒をよく飲む方

 
 

豆乳の栄養価と期待効果

bigfatcat / Pixabay


 
 
豆乳でダイエット、健康、美容と様々な効果が得られます。
 
 
良く身体に良いと言われますが、具体的な栄養について知らない方もいると思います。
 
 
豆乳に含まれる12種類の栄養をまとめました。
 
 

・大豆たんぱく質・大豆イソフラボン

・サポニン

・レシチン

・オリゴ糖

・フィチン酸

・ビタミンB群

・ビタミンE

・カリウム

・マグネシウム

・不飽和脂肪酸

・トリプシンインヒピタ

 
 
豆乳にこれほどの栄養が含まれています。
 
 
豆乳を摂り続けることで、このような効果が期待できます。
 
 

・動脈硬化の予防
・脂肪代謝の向上
・脂肪肝の改善
・皮脂酸化予防効果
・生理不順改善
・更年期障害の予防
・便秘改善
・記憶力向上
・認知症予防
・成人病予防
・老化予防
・骨粗鬆症予防
・乳がん予防
・糖尿病予防・治療効果
・腸内環境の改善

 
 
特にこんな方には、豆乳をおすすめします。
 
 

・病気予防したい方
・体の健康を維持したい方
・バストアップしたい方

 
 

バナナ豆乳の効果

ImagesBG / Pixabay


 
 
バナナと豆乳について理解したうえで、バナナ豆乳の効果について解説していきます。
 
 
といっても、効果はバナナと豆乳と似たような感じです。
 
 
しかし、どちらか単体よりも、2つを同時に摂ることで相乗効果が期待できます。
 
 
バナナ豆乳を摂る上で、ダイエットに繋がるメリットをまとめました。
 
 

・腹持ちが良い
・ストレス軽減
・むくみ解消
・基礎代謝向上
・脂肪燃焼効果

 
 

バナナ豆乳を摂るタイミング

Free-Photos / Pixabay


 

バナナ豆乳を摂るタイミングは、朝が良いとされています。
 
 
その理由はこちらです。
 
 

・腹持ちが良く、間食を防ぐ
・血糖値を緩やかに上げてくれる
・朝の早い時点で、基礎代謝が上がる

 
 
朝時間がない方や、食欲がない方におすすめです。
 
 

バナナ豆乳の摂取量

pixel2013 / Pixabay


 
 
バナナ豆乳を摂るべき量は、1日1杯です。
 
 
低カロリーで栄養価が高いため、少ない量でも十分であるといえます。
 
 
注意すべき点は、バナナ豆乳を摂りすぎることです。
 
 
特に、豆乳を摂りすぎてしまうと、ホルモンバランスを崩してかえって太りやすくなってしまいます。
 
 
効果を出すために、摂取量は守りましょう。
 
 

レシピ

バナナ豆乳は市販されていますが、簡単に作ることができます。
 
 
今回は、料理サイト「クラシル」を参考に、レシピをご紹介します。
 
 
材料や作り方に関しては、自分の好みに合わせてみてください。
 
 
完成イメージはこちらです。

材料(1人前)

・無料性豆乳(100㎖)
・氷(50g)
・ガムシロップ(小さじ1)
・ホイップクリーム(5g)
・チョコレートソース(小さじ1)
・ミント(適量)

作り方

準備:バナナは、皮を剥いておきます

1 .バナナは一口大に切ります
2.ミキサーに、無調整豆乳・氷・ガムシロップを入れ、滑らかになるまで混ぜ合わせます
3.グラスに注ぎ、ホイップクリームを絞り、チョコレートソースをかけてミントを添えたら完成です。

料理のコツ・ポイント

無調整豆乳が無い場合は、調整豆乳や牛乳でも代用して頂けます。
ガムシロップとチョコレートソースはお好みで甘さを調整してください。

引用元:クラシル

まとめ

バナナと豆乳のメリットを活かしたバナナ豆乳は、ダイエットに効果抜群ということが理解できたでしょうか。
 
お金のかかるサプリやジムに通わなくても、ある程度の効果が見込めます。
 
ダイエット方法に困っている方は是非試してみてください。

-ダイエット

Copyright© Work Out log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.