大胸筋 筋トレ

デクラインダンベルプレスで大胸筋下部に一番効く角度は?コツや注意点も紹介


 
 

大胸筋下部に一番効く角度はどのくらい?
正しいフォームが知りたい
コツがあれば知りたい

 
 
このような悩みを解決します。
 
 
デクラインダンベルプレスは大胸筋下部を鍛えることができ、より立体的でキレイな大胸筋を作ることができます。
 
 
ですが、フォームをや角度によって鍛えられる筋肉が変わるので注意しましょう。
 
 
本記事の内容

  大胸筋下部に効く最適な角度
  うまく効かせるコツ・注意点
  大胸筋下部の筋肥大におすすめのやり方

 

大胸筋下部に効く最適な角度


 
 
デクラインダンベルプレスは、フラットベンチを使います。
 
 

大胸筋下部に効く角度 ➡ 30~40度

 
 
30~40度に設定することで、ダンベルをあげるとき、大胸筋下部へ刺激が入ります。
 

デクラインダンベルプレスのやり方

 
 
デクラインダンベルプレスのやり方を2種類紹介します。
 

①フラットベンチの角度を変えてする


 

②フラットベンチで腰を上げてする


 
デクラインダンベルプレスの手順

①フラットベンチに仰向けになる
②フラットベンチの角度を変える腰を上げる
③角度は30~40度
④フォームを固めダンベルプレスをする
⑤1セット10回 × 3セット目安
⑥インターバル60~90秒

 

デクラインダンベルプレスで効かせる6つのコツ

 

  1. みぞおちの高さにダンベルを下げる
  2. ヒジは常にダンベルの真下に/li>
  3. 肩甲骨をなるべく寄せる
  4. ワキはなるべく開かないように
  5. 適切な重量を扱う(10回出来る程度)
  6. ダンベルはやや前方へ上げる意識

 
 

YUKI
YUKI
慣れるまでに時間がかかるので、しっかりフォームを固めましょう。

 

デクラインダンベルプレスの3つの注意点

 

  1. 背中が滑らないようにする
  2. ワキを開きすぎると肩に効く
  3. 重すぎる重量を扱わない

 

YUKI
YUKI
頭の方に傾いているため、ケガをしやすい種目です。
 
初めに安全を確保して行いましょう。

 

大胸筋下部の筋肥大におすすめのやり方


 
 
筋肥大したいのであれば、セット数と回数を意識して行いましょう。
 
 

筋肥大に適切 ➡ 1セット6~12回

 
 
重量を選ぶときは、1セットなんとか10回行える程度がおすすめです。
 
 
また、インターバルを摂る時間によっても筋肥大効果が変わるので、適切な時間を理解しておく必要があります。


 

大胸筋を嫌えるおすすめの種目

 
自宅で出来る大胸筋メニュー


ダンベルプレス
ダンベルプレスが胸に効かない6つの原因と改善ポイントやコツを詳しく解説!

ダンベルフライ
ダンベルフライで大胸筋を仕上げる! パンプアップさせるコツを紹介

インクラインダンベルプレス
インクラインダンベルプレスの最適な角度は?効かせる方法を解説!

 
YUKI
YUKI
大胸筋メニューは豊富なので、自分の目的に合わせて種目を選びましょう!

 

-大胸筋, 筋トレ

Copyright© Work Out log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.