上腕三頭筋 筋トレ

テイトプレスで肘を痛めず効率良く上腕三頭筋をデカくするコツを解説!


 
 

テイトプレスで肘を痛めてしまう
 
いつも上腕三頭筋に効いてる気がしない
 
うまくするコツがあれば知りたい

 
 
このような悩みを解決します。
 
 
本記事の内容

  肘を痛める原因は1つだけ
  上腕三頭筋に効かせるコツ・注意点
  テイトプレスを効果的にするアイテム

 
 

YUKI
YUKI
テイトプレスは簡単に見えますが、フォームを維持するのが意外と難しいので、しっかり行いましょう。

 

肘を痛める原因は1つだけ


 
 
テイトプレスで肘を痛める原因は、フォームが崩れていることです。
 
 
特に、重量が重い場合は、フォームが乱れがちです。
 
 
基本的に上腕三頭筋に負荷をかけながら行いますが、フォームが崩れることで負荷が肘に集中してしまいます。
 
 
肘は慣れない負荷がかかると非常に痛めやすいため、注意しましょう。
 
 
改善ポイント
      ・正しい重量設定でフォームを乱さない
      ・正しいフォームを固める
 

上腕三頭筋に効かせるコツ・注意点


 
 
テイトプレスで上腕三頭筋に効かせるために、2つのポイントを押さえましょう。
 
 

①正しい重量設定
②正しいフォーム

 
 

YUKI
YUKI
初心者ほど、この2つのポイントを正しくできていません。
 
これだけで、確実に上腕三頭筋へ効かせることができますよ!

 

①正しい重量設定


 
 
自分に合った重量設定をしましょう。
 
 

目安重量 ➡ 1セット10回程で限界

 
 
上腕三頭筋に効かせるためには、低重量×高回数が一番効きます。
 
 

重量が重すぎると
・フォームが乱れる
・肘を痛めやすくなる
・上腕三頭筋へ負荷がかからない
 
重量が軽すぎると
・十分な負荷をかけることができない

 
 

YUKI
YUKI
1セット10回を3セットすれば、フォームも意識でき、筋肉を追い込むことができるはずです。

 

②正しいフォーム

 
 
まず、正しいフォームを確認しましょう。
 
 


 
テイトプレスの手順

①フラットベンチに仰向けになる
②ダンベルを両手に持つ
③胸の上に置きスタンバイ
④肘を支点にダンベルを上げる
⑤ゆっくり胸の手前まで戻す
⑥1セット10回×3セット
⑦インターバル60~90秒

 
上腕三頭筋に効かせるコツ
      ①上げるときは肘が伸びきらないようにする
      ②下げるときは胸につく手前までにする
      ③負荷が抜けないように意識する
      ④肘の位置は常にキープ
 
 

YUKI
YUKI
肘の位置と負荷を抜けないようにすることが大切です。

 

テイトプレスを効果的にするアイテム


 
 
テイトプレスでダンベルを落下させると、顔に落ちてくるのでとても危険です。
 
 
ダンベルの落下を予防し、フォームを安定させることができるアイテムを紹介します。
 
 
グローブ(手の滑り防止)


 
リストラップ(手首の安定確保)
【リストラップ歴3年】メリットだけじゃない実際の効果を本音で解説します!

 
YUKI
YUKI
手の滑り防止や、手首の安定は他のメニューでもとても役に立ちますよ。

 

プロテインで筋肉をデカくしよう!


 
 
筋トレ後の30分、いわゆるゴールデンタイムに栄養をしっかりとることで、筋肉の成長を促すことができます。
 
 
プロテインは、効率よく筋肉に必要な栄養を取る事ができます。
 
 

YUKI
YUKI
初心者であれば、味がとても美味しく、飲みやすいザバスプロテインがおすすめです!


 

-上腕三頭筋, 筋トレ

Copyright© Work Out log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.